弁護士伊藤祐貴@上野御徒町のブログ

第二東京弁護士会所属。労働問題(解雇無効、残業代請求、退職代行等)、離婚・不貞慰謝料請求、民事、刑事、少年事件など。

もしも不倫の慰謝料請求をされたら(不貞慰謝料請求・請求された側)

Q1 不倫の慰謝料請求をされました。どうしたらよいでしょうか。 A1 ①不倫相手の夫/妻ご本人からの請求であっても、②その代理人の弁護士からの請求であっても、安易に連絡を取ることは控えた方が賢明です。 ②の場合はもちろん、①の場合も、連絡をとった…

もしも夫/妻が不倫をしたら(不貞慰謝料請求・請求側)

Q1 夫/妻が不倫(不貞)をしているようです。どうしたらよいでしょうか。 A1 まずは今後、どうしたいかを考える必要があります。選択肢には、以下のようなものがあります。 ① 不貞相手に慰謝料請求をする ② 夫/妻と離婚する ③ 不倫を辞めさせ、今後も…

もしも夫/妻に暴力を振るわれたら(DV被害、配偶者暴力被害)

Q 夫/妻に暴力を振るわれました。どうしたらよいでしょうか。 A まずは身の安全を確保し、警察に通報してください。そして、すぐに医療機関を受診し、夫/妻に暴力を振るわれたと医師に申告してください。家庭内の暴力は、目撃者がおらず、後々加害者が暴…

もしも夫/妻が突然、出ていったら(別居・離婚)

Q 夫/妻が突然、(子どもを連れて/子どもを置いて)出て行きました。どうしたらよいでしょうか。 A 別居の始まりは、離婚の始まりです。お立場により、様々な手続がありますので、弁護士にご相談ください(婚姻費用分担請求、面会交流、子の引渡し、夫婦…

もしも夫/妻に離婚を切り出されたら

Q 夫/妻が離婚したいと言い出しました。どうしたらよいでしょうか。 A 弁護士にご相談ください。 仮に離婚に応じるとしても、離婚にあたっては、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割など決めることがたくさんあります。離婚をしたくない…

もしも逮捕されてしまったら

Q1 逮捕されたらどうしたらよいでしょうか。正直にすべて自白したほうがよいのでしょうか。 A1 たとえ犯罪に心当たりがあっても、「弁護士と相談するまでは答えません」と黙秘をし、当番弁護士を呼んでもらってください。 捜査機関は取調べのプロです。…

もしも犯罪被害に遭ったら(犯罪被害者の方向け)

Q 犯罪被害に遭いました。どうしたらよいでしょうか。 A まずは身の安全を確保し、警察(110番)に通報してください。通報は早ければ早いほど、犯人の確保・証拠の保全等がなされやすいです。後日、警察に相談に行くこともできますが、そもそもその犯罪…

もしも加害者の弁護人から連絡があったら(犯罪被害者の方向け)

Q1 先日、犯罪被害に遭い、先ほど加害者の弁護人を名乗る弁護士から、一度会いたいと連絡がありました。どうしたらよいでしょうか。 A1 示談のお話をしたいという可能性が高いと思われます。 そもそも、犯罪被害に遭われてお辛い状況だと思います。その…

もしも捜査機関(警察、検察など)から連絡があったら

Q1-1 捜査機関(警察、検察)から「話を聞かせてほしい」と連絡がありました。犯罪を犯した心当たりがあります。素直に出頭したほうがいいでしょうか。 A1-1 たとえ、自分が犯罪を犯していたとしても、まずは弁護士に相談してください。取り調べにど…

もしも社員を辞めさせたいと思ったら(使用者向け)

Q ある社員を退職させたいのですが、どうすればよいでしょうか。 A 労働者は、労働基準法等の労働法により、手厚い保護を受けています。使用者は、簡単に労働者を解雇したり、懲戒したりすることはできません。安易に、解雇等をすると、無効を主張される恐…

もしも退職勧奨をされたら(労働者向け)

Q 今日、勤務先で「自分から辞職しろ」と言われました(退職勧奨)。どうすればよいでしょうか。 A 辞表を書いたり、退職合意書にサインをする前に弁護士にご相談ください。 労働者は、労働基準法等の労働法により、手厚い保護がなされており、簡単に労働…

家宅捜索(捜索・差押え)を避ける方法

Q 自宅の家宅捜索(捜索・差押え)を避ける方法はありませんか。 A 令状が請求されて、令状が発付されれば、捜索・差押えは行われ得ます。残念ながら、法律上、捜索・差押えを絶対的に避ける方法はありません。 legal.coconala.com

法務省:父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果の公表について

法務省「父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果」 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00030.html ・調査事項: 「父母の離婚後の親権制度や子の養育の在り方について,当省が外務省に依頼して行っていた海外法制調査の取りまとめ結果と,結果の…

法務省:離婚を考えている方へ~離婚をするときに考えておくべきこと~

法務省「離婚を考えている方へ~離婚をするときに考えておくべきこと~」 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00011.html 令和2年3月に公開された法務省のウェブサイトです。

厚生労働省:平成21年度「離婚に関する統計」

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/rikon10/index.html *ちょっと古いですが、平成21年度の離婚に関する厚労省の統計です。 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/rikon10/01.html *平成20年は87.8%が協議離婚…

同性夫婦不貞慰謝料請求事件(東京高判令和2年3月4日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89563/ ・事案の概要: 「本件は,被控訴人が,控訴人及び1審相被告B(以下「1審相被告」という。)に対し,被控訴人と同性の事実婚の関係にあった控訴人が,後に控訴人と婚姻した1審相被告と性的関係を持ったことにより…

殺人被告事件(高松地判令和2年6月2日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89532/ ・主文: 「被 告 人 を 懲 役 1 5 年 に 処 す る 。未 決 勾 留 日 数 中 8 0 日 を 上 記 刑 に 算 入 す る 。」 ・犯罪事実: 「被告人は,平成28年6月頃からAと交際するようになり,令和元年5月,同人…

タラーク離婚無効事件(東京家判平成31年1月17日家庭の法22号121頁)

*イスラーム法では,1回の婚姻について,夫からの一方的な離婚(タラーク)が3回まで認められる*1。 1度目と2度目の離婚は,待婚期間中*2であれば撤回可能である(復縁)が,3度目の離婚は撤回不可能で,妻が他の男と再婚し離婚しなければ,元の鞘に戻るこ…

法務省:押印についてのQ&A

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00095.html *法律家には当たり前のことですが,一般の方からしたらこのQ&Aで誤解が解けるのかは疑問です。 legal.coconala.com

ポケモンGO過失運転致死事件(名古屋地裁岡崎支判令和2年3月23日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89469/ ・過失運転致死被告事件 ・主文:「被告人を禁錮1年4月に処する。」 ・罪となるべき事実: 「被告人は,平成30年4月14日午前10時15分頃,普通乗用自動車を運転し,愛知県西尾市a町bc番地d先道路をe町…

名護市議会事件(最判平成31年2月14日民集73巻2号123頁)

https://kanz.jp/hanrei/detail/88415/ ・事案の概要: 「本件は,上告人(名張市)の市議会議員(以下,名張市議会を「市議会」といい,その議長及び議員をそれぞれ「市議会議長」及び「市議会議員」という。)である被上告人が,上告人に対し,名張市議会…

準抗告申立事件(神戸地裁姫路支決令和2年3月24日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89497/ ・決定:「本件準抗告を棄却する。 」 ・事案の概要: 「本件は,申立人が,検察官に対し,申立人が被告人であった当庁平成30年(わ)第●号,第●号強要未遂,公務執行妨害,有印私文書偽造,偽造有印私文書行使,住…

【新型コロナ対策】日本労働弁護団:医療従事者のための新型コロナウイルス感染に関するQ&A

http://roudou-bengodan.org/topics/9767/attachment/医療従事者のための新型コロナウイルス感染に関/ ・「医療従事者のための新型コロナウイルス感染に関するQ&A」 が公開されましたので,ご紹介。

【新型コロナ対策】公益財団法人マンション管理センター

https://www.mankan.or.jp/ ・「新型コロナウイルス感染拡大における通常総会開催に関する Q&A」 ・「新型コロナウイルス感染拡大におけるITを活用した総会・理事会の開催に関するQ&A」 が公開されています。

法務省:父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果(令和2年4月)

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00030.html ・「本調査は,法務省において,離婚後の親権制度や子の養育の在り方について,外務省に依頼してG20を含む海外24か国の法制度や運用状況の基本的調査 を行ったものである。 」 *離婚後の子の養育の各国…

婚姻費用分担審判に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件(最決令和2年1月23日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89187/ ・判示事項:「婚姻費用分担審判の申立て後に当事者が離婚した場合における婚姻費用分担請求権の帰すう」 ・判示: 「民法760条に基づく婚姻費用分担請求権は,夫婦の協議のほか,家事事件手続法別表第2の2の項所…

午前7時まで夕食をとれず1万円慰謝料事件(東京高判令和2年1月15日裁判所HP)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89312/ ・事案の概要: 「本件は,警視庁A警察署(以下「A署」という。)所属の警察官に逮捕され,同署所属の司法警察員に引致され,同署に留置された控訴人が,身柄拘束中に食事が提供されなかったことが違法であるとして…

損害賠償請求事件(大阪地判令和2年3月12日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89492/ ・事案の概要: 「本件は,原告が,被告Aは,原告の同意を得ることなく,同意書を偽造して被告医療法人Bが開設する診療所において融解胚移植の方法により妊娠して原告の嫡出子となる子を出産し,また,被告医療法人…

検察官がした刑事確定訴訟記録の閲覧申出一部不許可処分に対する準抗告棄却決定に対する特別抗告事件(最決令和2年3月23日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89351/ ・判示事項:「申立人の記名のみがあり署名押印がいずれもない申立書による特別抗告の申立てが無効とされた事例」 ・判示: 「本件特別抗告申立書には,申立人の記名のみがあり署名押印がいずれもないから,同申立書に…

雇用契約上の地位確認等請求事件(福岡地判令和2年3月17日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89333/ ・事案の概要: 「本件は,原告において,原告が被告との間で,昭和63年4月から,1年毎の有期雇用契約を締結し,これを29回にわたって更新,継続してきたところ,原・被告間の有期雇用契約は,労働契約法19条…