弁護士伊藤祐貴@上野御徒町のブログ

第二東京弁護士会所属。労働問題(解雇無効、残業代請求、退職代行等)、離婚・不貞慰謝料請求、民事、刑事、少年事件など。

2020-09-13から1日間の記事一覧

もしも夫/妻に暴力を振るわれたら(DV被害、配偶者暴力被害)

Q 夫/妻に暴力を振るわれました。どうしたらよいでしょうか。 A まずは身の安全を確保し、警察に通報してください。そして、すぐに医療機関を受診し、夫/妻に暴力を振るわれたと医師に申告してください。家庭内の暴力は、目撃者がおらず、後々加害者が暴…

もしも夫/妻が突然、出ていったら(別居・離婚)

Q 夫/妻が突然、(子どもを連れて/子どもを置いて)出て行きました。どうしたらよいでしょうか。 A 別居の始まりは、離婚の始まりです。お立場により、様々な手続がありますので、弁護士にご相談ください(婚姻費用分担請求、面会交流、子の引渡し、夫婦…

もしも夫/妻に離婚を切り出されたら

Q 夫/妻が離婚したいと言い出しました。どうしたらよいでしょうか。 A 弁護士にご相談ください。 仮に離婚に応じるとしても、離婚にあたっては、親権、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料、年金分割など決めることがたくさんあります。離婚をしたくない…

もしも逮捕されてしまったら

Q1 逮捕されたらどうしたらよいでしょうか。正直にすべて自白したほうがよいのでしょうか。 A1 たとえ犯罪に心当たりがあっても、「弁護士と相談するまでは答えません」と黙秘をし、当番弁護士を呼んでもらってください。 捜査機関は取調べのプロです。…

もしも犯罪被害に遭ったら(犯罪被害者の方向け)

Q 犯罪被害に遭いました。どうしたらよいでしょうか。 A まずは身の安全を確保し、警察(110番)に通報してください。通報は早ければ早いほど、犯人の確保・証拠の保全等がなされやすいです。後日、警察に相談に行くこともできますが、そもそもその犯罪…

もしも加害者の弁護人から連絡があったら(犯罪被害者の方向け)

Q1 先日、犯罪被害に遭い、先ほど加害者の弁護人を名乗る弁護士から、一度会いたいと連絡がありました。どうしたらよいでしょうか。 A1 示談のお話をしたいという可能性が高いと思われます。 そもそも、犯罪被害に遭われてお辛い状況だと思います。その…

もしも捜査機関(警察、検察など)から連絡があったら

Q1-1 捜査機関(警察、検察)から「話を聞かせてほしい」と連絡がありました。犯罪を犯した心当たりがあります。素直に出頭したほうがいいでしょうか。 A1-1 たとえ、自分が犯罪を犯していたとしても、まずは弁護士に相談してください。取り調べにど…

もしも社員を辞めさせたいと思ったら(使用者向け)

Q ある社員を退職させたいのですが、どうすればよいでしょうか。 A 労働者は、労働基準法等の労働法により、手厚い保護を受けています。使用者は、簡単に労働者を解雇したり、懲戒したりすることはできません。安易に、解雇等をすると、無効を主張される恐…

もしも退職勧奨をされたら(労働者向け)

Q 今日、勤務先で「自分から辞職しろ」と言われました(退職勧奨)。どうすればよいでしょうか。 A 辞表を書いたり、退職合意書にサインをする前に弁護士にご相談ください。 労働者は、労働基準法等の労働法により、手厚い保護がなされており、簡単に労働…

家宅捜索(捜索・差押え)を避ける方法

Q 自宅の家宅捜索(捜索・差押え)を避ける方法はありませんか。 A 令状が請求されて、令状が発付されれば、捜索・差押えは行われ得ます。残念ながら、法律上、捜索・差押えを絶対的に避ける方法はありません。 legal.coconala.com