弁護士伊藤祐貴@台東区・上野御徒町のブログ

第二東京弁護士会所属。労働問題(解雇無効、残業代請求、退職代行等)、離婚・不貞慰謝料請求、相続、遺産分割、景品表示法、民事、刑事、少年事件など。

HIV内定取り消し事件(札幌地判令和元年9月17日裁判所HP)

http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=88968

 

判示事項要旨:

HIVに感染している原告が,北海道内において病院(被告病院)を経営する被告の求人に応募し内定を得たものの,その後被告から内定を取り消されたことをめぐり,不法行為に基づく330万円の損害賠償を求める事案について,①内定取消しは違法である,②被告が被告病院の保有していた原告に関する医療情報を目的外利用したことはプライバシー侵害に当たるとして,不法行為に基づき,165万円の損害賠償請求を認容した事案。」

→①内定取消しは違法,②本件利用はプライバシー侵害。

 

判示:

「被告病院の一連の行為は,患者に寄り添うべき医療機関の使命を忘れ,HIV感染者に対する差別や偏見を助長しかねないものであって,医療機関に対する信頼を裏切るものといわざるを得ない。」

→かなり強い論調