弁護士伊藤祐貴@台東区・上野御徒町のブログ

第二東京弁護士会所属。労働問題(解雇無効、残業代請求、退職代行等)、離婚・不貞慰謝料請求、相続、遺産分割、景品表示法、民事、刑事、少年事件など。

雇用契約上の地位確認等請求事件(福岡地判令和2年3月17日)

https://kanz.jp/hanrei/detail/89333/

 

・事案の概要:

「本件は,原告において,原告が被告との間で,昭和63年4月から,1年毎の有期雇用契約を締結し,これを29回にわたって更新,継続してきたところ,原・被告間の有期雇用契約は,労働契約法19条1号又は2号に該当し,被告が原告に対し,平成30年3月31日の雇用期間満了をもって雇止め(以下「本件雇止め」という。)したことは,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当であるとは認められないから,従前の有期雇用契約が更新によって継続している旨主張して,労働契約上の権利を有する地位にあることの確認を求めるとともに,本件雇止め後の賃金として,平成30年4月から毎月25日限り月額25万円及びこれらに対する各支払日の翌日から支払済みまで商事法定利率年6分の割合による遅延損害金の支払,本件雇止め後の賞与として,平成30年6月から毎年6月25日及び12月25日限り各25万円並びにこれらに対する各支払日の翌日から支払済みまで同割合による遅延損害金の支払をそれぞれ求めた事案である。 」

 

*労働契約法19条2号の該当性を認め,労働者がした本件雇用契約の更新の申し込みを使用者が拒絶したことは,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当であると認められないから,労働契約法19条柱書により従前の有期雇用契約の内容である労働条件と同一の労働条件で当該申込みを承諾したものとみなされた。

 そして,労働者は本件訴訟中も,更新の申込みをする意思の表明をしており,使用者はそれを拒絶する意思を示していると認められ,事情変更はないからその後についても,更新の申込みを承諾したものとみなされた。

 

legal.coconala.com